<福榮産業、60年を超える歴史>

創業者福澤年雄は、長野県下市田から上京後、夜間大学を卒業、セルロイド工場に就職、その後皮革卸会社に転職しました。

その時に社長に呼ばれ、「ビニールというものが世の中に出始めた。君がその担当として商いをしなさい。仕入れ先も売り先も自分で探しなさい。」と言われ、ビニールの卸売りのビジネスを覚えることになりました。その後、同業者への転職を経て1956年福澤年雄27歳で独立することになります。当時ビニールは真新しい素材として注目され、レインコートなどは完全防水で、1万円、当時の新卒者の給与と同じ金額で売られていました。某おもちゃメーカーからは、空気で膨らむビニールの人形が開発され一世を風靡しました。フルーツの贈答品はビニールの風呂敷で包まれ、家庭やレストランのテーブルにはビニールのテーブルクロスが敷かれました。ビニールは、水や汚れに強く、透明素材であれば中身を確認することも出来る優れものとして世に広まりました。

ビニールの仕入れ・卸販売・商社としてスタートを切った福榮産業は、大きな最初の曲がり角を迎えます。材料を持って売り歩くと、お客様からそれを印刷して加工して製品にして納めて欲しいと言われるようになり、裁断工場、印刷工場、付属品会社、ウェルダー加工工場を連携してOEM生産体制の基礎を築くことになります。その頃より、日本屈指のキャラクターメーカーから、多くのビニール商品のOEM生産の依頼を受けます。財布、通園バッグ、ファイルケース、カードケース、水着入れ…。

当時の形状で現在も続く商品がいくつもあります。残念なのは、それらの市場価格が安くなっていったことです。そのうち、日本国内での生産では価格が合わなくなるものも出始めて、アジア諸国での生産・仕入れが主流となっていきます。福栄産業も20年前から中国生産を始めます。その最中1996年、創業者福澤年雄が逝去するとほぼ当時に、息子の福澤成能(当時28歳)が代表取締役社長に就任します。2003年上海に事務所を開設し中国生産・仕入れの拠点とします。現在では、ウェルダー製品だけでなく、縫製品、成型品と仕入れ、取り扱い加工商品を増やし、教育資材、業務資材としてなくてはならない資材の素材卸販売とOEM商品を取り扱う商社と変貌を遂げました。

福榮産業では、
各種プラスチック製品の
オーダーメイド、OEM生産を
承っております。

​【福榮産業のOEM生産の特徴】

  • 各種オーダーメイドに対応いたします

  • オリジナル商品が製作できます

  • 企画から生産までお任せください

  • プラスチック材料の卸が創業ですので、材料に強く最適なご提案が可能です

  • 著名メーカーから直接OEMのオーダーを頂いております

  • 中国工場にてOEM生産を承り、大ロットの場合は低コスト/安価に生産可能です

  • 弊社現地スタッフが直接生産管理を担当します

  • 品質に関しては、現地での第三者検品も可能です

  • 中国生産と日本国内生産での両方で見積もり可能です

  • 見積依頼のみも歓迎いたします

お気軽に、ご相談下さい!

  • Facebook Social Icon
中国工場無料紹介サービスのバナー
福榮産業のブログ
福榮産業の産業資材ご紹介サイトへ

※画像をクリックすると拡大されます。 

ショッピングカート

サイズ:89×37×10cm
素 材:フレーム:銅、静電塗装仕上げ。
    バッグ :PVCレザー(鏡面仕上げ)


特 徴:バッグは、水や汚れ・キズに強いPVC素材です。
    バッグの素材は、ポリエステルや、保冷素材など自由に変更可能です。
    工場実績商品です。

開発秘話:生産工場は金属フレームとの組み合わせが得意な工場です。
     弊社金華事務所の近所の工場です。
     工場の総経理は地元のお菓子や果物が大好きです。

価格はデザイン・素材・数量によって変わります。

   よりお問い合わせ下さい。お見積もりは無料